身長を伸ばすための三大要素 骨にも筋トレせよ

スポンサーリンク

 

身長=骨端線エサは成長ホルモン

成長ホルモン分泌のためには「運動・栄養・睡眠」と書きましたが、もう少し掘り下げてみましょう。

 

otoko3

 

運動の大切さとは

 

ボディービルダーが筋トレをする時に意識していることは何でしょう。

例えばダンベルを使って、上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるときには、力こぶの盛り上がりをものすごく意識してみます。

 

そこだけに集中です。

場合によっては、大きくなれ!力こぶに話しかけます(笑)

 

骨端線(いわゆる骨)も、筋肉と同じで伸びろ!という指令を与えた方が伸びます。

 

でもさすがに、骨には集中できませんよね。

そこで、適度な運動をして定期的に刺激を与える必要があるんです。

 

バレーやバスケをしていると背が高くなる

と聞いたことありませんか?

 

ジャンプすることで、骨を刺激して骨伸びろ!と指令を出しているんですね。

ただ、もちろんもともと高い人は高いですが・・

 

スポンサーリンク

 

食事の大切さとは

また筋肉の話になりますが、筋肉を作るのはタンパク質。

体を鍛えたい人は、良質のタンパク質(プロテイン)を求めて日夜情報収集しています。

 

骨の材料はなんでしょう?

もちろんカルシウム。

 

ですが、材料ばかりを採っていても、それをエネルギーに変える栄養素が不足しては意味なし!

牛乳ばかりを飲んでいてもあまり意味がないように、他の質の高い栄養素もたくさん採る必要があるんですね。

 

睡眠の大切さとは

何時に寝ていますか?

 

成長ホルモンが大量に分泌するのは

眠りについてから深い睡眠の3時間

と言われています。

 

人間の生活様式に合わせてこうなっているのでしょう。

 

眠りについてから3時間は

成長ホルモンのゴールデンタイムなんです。

 

大切なことは深い睡眠

浅い眠りにならないように、体を動かして、おいしく食べて眠りにつきましょう。

 

もうひとつ。

ストレスをためない事

目を閉じたら悩みがグルグル回っているようだと、寝つきも悪くなりますよね。

 

終わったことはクヨクヨしない。

明日は明日の風が吹く。

ですよ。

 

関連記事:

身長を伸ばす方法は【大人と子供では違う】間違っていませんか?
 

スポンサーリンク